妖怪ウォッチ旋風

[PR]大阪リサイクルショップ

今子供達の中で大人気の妖怪ウォッチって、ご存知?
私の娘はまだ幼くて、とてもじゃないけど腕時計をするような年齢に達していませんが、知人の話によると、妖怪ウォッチがかなりの人気で、入手困難だそうなんです。
妖怪って・・・(汗)
どうなん?それ・・・って感じですが、いつの時代も子供達の中で大人気商品ってあるものですね~。
その知人は、入手困難だった妖怪ウォッチを、娘の為に何とかGETしたらしく、自分達の子供のころを思い出したとつぶやいていました。
私達の時代は、たまごっち!!
今のたまごっちと、チョット違うと思います。
今は当然カラーなのかな?私達の時は、出始めだったと思います。
白黒で絵柄もまだまだ荒かった。・・・私は少し子供らしくなかったのか、たまごっちが大人気な理由がよく分かりませんでした。
友達に「見て!可愛いでしょ?」と言われても、う~ん、確かに、可愛いと言われれば、可愛い・・・かな?くらいの感覚しかなく、私にとっては、その遊び自体がミラクルでした。
その小さい卵型のゲームの中のマスコット(?)にご飯あげたり、トイレさせたり、色々面倒を見て、育てていくというゲームだったと思うのですが、それに名前をつけたり、途中でそのマスコットが亡くなってしまうこともあって、亡くなった日は、本当に誰か親戚の方が亡くなってしまったのかと言うほど、落ち込んでショックを受けていた友達を見たからです。
もちろん、マスコットが亡くなっても、ゲームですから、後ろのリセットボタンを押すと、また違う卵が出てきて生まれるワケです。
そしてまた、最初から同じように育ててあげれば、ずっと同じように遊べるのですが・・・。
完全にハマッテしまった友達にとっては、リセットするとかしないとかの問題じゃなかったようで、、、あの時、ゲームって気持ちが入りすぎたら危険が潜んでいるのだと、気づきました。
大好きなゲームもホドホドにっ!ですね。